育毛シャンプーと市販のシャンプーには、価格以外にも大きな違いがあります。

育毛シャンプーと市販のシャンプーの違い

育毛剤を選ぶ前に、まず薄毛に悩む場合は、シャンプーの見直しが必要です。

 

最近では、女性用の育毛シャンプーが販売されていますが
市販のシャンプーとの違いや、どのような点を注意してシャンプーを選べばよいのでしょうか。

 

 

育毛シャンプーとは

育毛シャンプーは、薄毛に悩む原因となる刺激などの少ない、また有効成分などを配合したシャンプーです。

 

市販の良くある、お買い得シャンプーなどとは使用感なども違います。
市販の良く販売されているシャンプーには、界面活性剤が配合され洗い上げりが、いわゆる、すっきりするものが多く
皮脂はたまると抜け毛の原因なので、取り除くことも必要ですが過剰に取り除くと頭皮を保護がなくなり、
保湿力も劣ってしまいます。

 

育毛シャンプーは、できるだけ頭皮への刺激を抑えるということで
添加物が少ないため、泡立ちも悪い場合がほとんどです。

 

 

育毛シャンプーを選ぶポイント

 

育毛シャンプーでまず一番大切なのは高給アルコール系界面活性剤を使っていないものを選びます。
ラウリル硫酸、ラウレス硫酸と表示を成分表にしてある場合は合成界面活性剤です。

 

アミノ酸系というものを選ぶようにします。
アミノ酸系というシャンプーの中に、界面活性剤も同時に配合されているものもあるので成分表示を確認するようにします。

 

保存料や、香料などで、刺激のある場合もあるので、頭皮に炎症を起こしている場合などは
出来るだけ添加物の少ないものを選びます。

 

シリコン配合のシャンプーは髪の毛をコーティングしますが
毛穴もコーティングしてしまい、育毛剤を使ってもその効果が表れにくくなるのでノンシリコンシャンプーを選びます。

 

 

女性の頭皮は皮脂が少ない場合も多く、頭皮に有効な馬油の様なものを配合されたものもあり
頭皮がダメージを改善する有効成分配合のシャンプーなどもあります。

 

育毛シャンプーは、どうしても高価なものが多く、市販のお買い得の何倍もする場合もありますが
お試し価格のもので試してみて、使い心地などを確かめてから、購入すると失敗はないようです。

 

育毛効果は最低3か月は続けて使用することで効果が感じられます。