薄毛の原因であるストレスについて説明します。

薄毛は「ストレス」が原因になることもあります

ストレスはホルモンバランスの乱れや身体の免疫力を落とすなど、身体に対し悪影響を及ぼし薄毛や抜け毛の増加をもたらすことがあります。

 

女性には、家庭内や夫婦間の問題、人間関係や仕事の悩み、さらに更年期の症状によるストレスなど、身近な問題がストレスになりさまざまな原因が日常生活に潜んでいます。

 

また、薄毛で悩むことがストレスになり、さらに症状が悪化するケースも少なくありません

 

そのため、頭皮の健康を保つことも大事ですが、同時に心のストレスを上手に解消することが、女性の薄毛に対する対策です。

 

心のストレスは髪のストレスになります。
まずストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れます。
自律神経とは自分の意志とは無関係に生命維持やその調節を行う働きをする神経です。
自律神経は昼間などの緊張状態なときに働く交換神経と心や体がリラックスする休息のときに働く副交感神経があります。
普通はこの状態が交互に繰り返されるのですが、ストレスを抱えていることが多いと交感神経ばかりが働き、正常な状態を維持できなくなります。
交感神経ばかり働く状態が続くと、血圧が上昇して血行不良になることがあります。
人間は体外に悪いものを排出するときに多くの栄養素を消費しますが、体の外側にある髪や皮膚は、栄養素などが後回しにされてしまいます。
髪は血に余裕がないと育たない(血余)といわれるのはそういう理由からなのです。
そのため、ストレスが続くと体だけではなく髪にも影響を及ぼしているのです。

 

睡眠を十分にとり、入浴でリラックスすることは、非常に友好的なストレス解消法です。

 

香りによる癒しは効果的であり、リラックスできる入浴タイムには、お風呂にアロマを入れたり、アロママッサージをするなどアロマを活用するのもおすすめです。

 

睡眠時は、寝室でアロマキャンドルに火をつけ漂った香りでリラックスでき、睡眠の質が高まりますまた、寝具などは、安眠やストレス解消に効き目があるブルー系の色を取り入れれば、より効果的です。