薄毛の原因であるダイエットについて説明します。

薄毛の原因・ダイエット

女性にとって髪の毛も気になりますが同じく体重も気になります。

 

毎日「ダイエット」に励んでいる女性も多いと思いますが、そのダイエットが薄毛の原因になることもあります

 

特に、更年期に及んでくると代謝機能が衰えてしまいますので、体重の増加が気になる女性が多いと思います。
こうした女性のダイエットにはいろいろな方法がありますが、何か1つの食品だけを食べる方法は薄毛の問題で気をつけなければいけません。

 

例えば、りんごだけを食べるダイエット、バナナだけを食べるダイエットなどがありますが、必要なカロリーを摂取していないのですから、痩せるのは当然なのですが、必要な栄養素が不足しています人間の身体は、生命維持のためにさまざまな栄養素が必要であり、偏った栄養の食事では当然のことながら髪の毛の生成に働くはずの栄養素も行き渡らなくなり、髪の毛は次第にやせ細ってしまいますその結果、抜け毛が促進され、薄毛になってしまいます。

 

髪の毛はケラチンというタンパク質でできていますが、このタンパク質は体内では生成できないので、食べ物で摂る必要があり不足すると髪の毛が細くなったり、色素細胞の機能が低下して白髪が増えたりします。

 

また、ダイエットによる薄毛には重要な問題があります。
それは、ダイエットにより、いったん薄毛になったら、元に戻りにくくなることです。

 

不要なダイエットによる栄養失調で、毛髪に栄養を送る役割を担っている毛乳頭が簡単に破壊されるので、髪は育たなくなります。
そして、現代の医学知識において、毛乳頭を再生することができないので、過度なダイエットによる薄毛を元に戻すことは、困難であると言えるのです。

 

ダイエットをするときは、過度なダイエットは控え、薄毛の問題が発生しないように栄養バランスのある低カロリーの食事を心がけましょう。

抜け毛に効果のある食事はこちら