女性の薄毛の原因は、男性のテステスロンの影響から来る薄毛とは多少の違いがあります。

女性の薄毛の原因と男性の薄毛との違い

薄毛の悩みは、男性の悩みというイメージがありますが、最近では女性の薄毛の悩みが増えてきています。
加齢による薄毛は女性にもありましたが、30代前後でも薄毛の悩みは最近増えています。

 

 

女性の薄毛の原因と男性の薄毛の違い

女性の薄毛の場合、「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状がほとんどです。

 

女性男性型脱毛症(FAGA)」とも呼ばれています。

 

男性の薄毛とは原因なども多少の違いがあり、男性の薄毛は、男性ホルモンのテストステロンが大きく関与しており
男性ホルモンが頭皮の酵素と結びつくことで変化をおこし、髪の毛の成長期を短縮する命令送り、薄毛になります。
AGA(男性性脱毛症)」と呼ばれています。

 

女性の薄毛にも共通する生活習慣等も原因となっています。

 

 

女性の薄毛の原因と特徴

 

女性の薄毛の主な原因は

  • ダイエット、偏食
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • たばこ、飲酒
  • 頭皮の血行不良
  • 刺激の強すぎるシャンプー
  • 出産
  • ピルの使用
  • 加齢、閉経、更年期障害

 

これらの要因が女性ホルモンの分泌のバランスを崩し、もともと分泌していた男性ホルモンが
髪の毛に影響を与え、抜け毛の原因となります。

 

育毛に必要な栄養分が、充分に行き届いていないということも原因となっています。
血行不良から、育毛に必要な栄養素が行き届かず薄毛になるという場合もあります。

 

女性は常に女性ホルモンのバランスが崩れていても、分泌をしているために、急激な進行をするということがないため
全体的に髪の毛が薄くなるのが特徴で、男性の場合とは進行の仕方も少し異なります。

 

このことから、自覚するまでに時間のかかる場合もあります。

 

更年期のようなホルモンバランスの変化のある時期や、加齢による女性ホルモンの分泌の減少はかつてもありましたが、
最近の若い世代では、生活の乱れなどからのホルモンバランスの崩れが多くありその結果、薄毛の原因となっています。

 

 

薄毛の改善は、早期発見が鍵

びまん性脱毛症であるということを、早期に自覚することでその原因を改善すると、薄毛の進行は食い止めることが可能です。また、髪の毛の再生もされます。

 

薄毛になる前にすでに髪の毛のコシ、ハリ、ツヤもなくなってくることからトリートメントなどをすれば改善するだろうと
思いがちですが例えば、無理なダイエットが原因の場合食生活の改善が必要となり
髪の毛への栄養補給や、ホルモンバランスを整えるということをしなければいけないため原因の追究が必要となります。